乳首をピンク色の状態にするためには。

黒ずみ

 

世の中の女性の方々は、黒ずんでいる乳首が悩んでしまっているそうです。私も昔、黒ずんでしまった乳首に悩んできました。自分の場合だと、赤ちゃんがいるもので、授乳中に強く吸われている時が多々ありました。とても痛かったので、乳首が荒れてしまう状態になってしまい、少しずつ、黒ずんでしまう乳首を見てしまい、ショックを受けてしまいました。なので、黒ずんでしまった乳首を綺麗なピンク色の状態にさせるために、皮膚科の医療技術を行ってみることにしました。東京のあるクリニックさんなのですが、ニップルアートクリニックという医療技術なのですが、本来のピンク色の状態にさせるために、色素を抜く方法と違って、もともとの色素の上に色を入れていくそうです。そうすると、乳首の色が変化していくものなのですが、人によってはピンク色の状態になるのは難しいと先生に言われてしまい、ショックを受けましたが、ぜひとも試してみたいと思い、受けてみることにしました。色の入ったものを乳首の先端らへんに塗るような形でしてもらいました。痛みが出ることはないので安全に行えることは出来ます。すぐには変化しないだろうなと思っていたのですが、すぐに変化されていたことにびっくりしてしまいました。ピンク色の状態になった乳首を見て、私は元の状態になっていたことにありがたいと思いました。授乳はもうそろそろ終わってくれる頃なので、私としてはこれからは気にすることがなくなります。

 

私が経験した黒ずんでしまった乳首を。

 

私は25歳の頃に、生まれつきで出来た黒ずんでしまっている乳首を放置していた時の話です。友人と温泉に入っていると、友人から「どうしたの?乳首が黒くなっているから、無駄毛処理ができてなかったと思ったよ。」と一言言われたもので、焦りが出てきました。もしかしたら、彼と性行為していきたい時でも、黒ずんでしまった乳首を見て、友人と同じく思ってたのではないかと一瞬焦りが出てきました。自分としては、黒ずんでしまった乳首でも、病気になるわけでもないのだから、放置したままの状態でいいだろうと思っていたからです。なので、これではいけないと思ったので、友人から黒ずんでしまった乳首を綺麗なピンク色の状態に戻す方法を教えてもらうことにしました。そうすると、黒ずみの元を洗う石鹸のジャムウ石鹸を使用してみるとよいとアドバイスを貰いました。早速買ってみて、お風呂に入ることにしました。黒ずんでしまった乳首のところによく泡立てたジャムウ石鹸の泡をパックのような状態に3分間放置していました。洗い流してみると、綺麗なピンク色の状態の乳首になって、びっくりしてしまいました。こんな綺麗なピンク色の状態になるのは驚きなものでした。すぐに黒ずんでいた汚いものを洗い流していくのはすっきり感がありました。友人や彼からはピンク色の乳首を見せたとしても、恥ずかしさはなくなっていくので、これはジャムウ石鹸を使用して、効果が見られてよかったです。