乳首の黒ずみを予防するために。

黒ずみ

 

私は乳首の色で黒ずんだことはありませんでした。ですが、友人からの聞いた話なのですが、乳首はデリケートゾーンであるために、外的刺激から与えられてしまうと、乳首を傷んでします。そして、最悪の結果としての乳首が黒ずんでしまうことがあるそうです。なので、乳首の黒ずみにならないためにも、予防をしていこうと考えました。友人からの聞いた話の続きで、デリケートゾーンを傷つけないためにも、オブラートに包んであげるように優しくしてあげればよいではないかと教えてもらいました。例えば、ブラを付けるときにきつめのブラを付けてしまうと、乳首を傷つけてしまうことがあるならば、自分にあったサイズのブラを付けてあげれば、傷つけることが無いでしょう。そして、自分にあったブラを探すならば、やはり、下着屋さんに直行し、店員さんに相談してみたり、試着できるところで、ブラの着用をさせてもらうことが大事だそうです。女性誰しも、綺麗な状態のピンク色の乳首のままにしていきたいはずです。だから、乳首の黒ずみをさせないためにも、乳首はデリケートなのだから、傷つけないためにもそうしていきましょう。そうしていけば、彼氏や夫がいらっしゃって、胸を見せてしまっても、嫌な顔ひとつされずにすむと思われます。私も友人の話を聞いてからは、しっかりとしたブラの着用で自分のサイズに合ったものを選ぶようにしたおかげで、黒ずみの乳首にはならなくてすんでいます。

 

黒ずんでしまった乳首を綺麗に。

 

去年の冬辺りに、テレビ番組の特集で「あなたの乳首の色は何色になっていますか?」とインタビューをしていくことがありました。それを見ていると、黒色乳首、濃い茶色乳首、ページュ色乳首、ピンク色乳首と分類されていて、私は黒色乳首でした。黒色の乳首が大半いたので、女性として、大丈夫かなと思っていました。ですが、その黒色の乳首を持っている大半の女性は、彼氏や夫から見られていると、清潔感がないと言われるみたいなので、ピンク色の状態にしていきたいけれど、どうしたら良いのか分からないと応える方々が多かったです。なので、私はまだ彼氏がいたことがなかったために、気持ちはわからなかったけれど、そのうちできたらそう言われるのだろうと焦り感がありました。性行為されなくなるとも言われているので、相手が不愉快な気持ちにさせないためにも、黒ずんでしまっている乳首の色を綺麗にしていこうかなと思いました。私はYouTube動画で調べてみると、ヨーグルトの液状で黒ずんでしまっている乳首を綺麗にしてくれることを知りました。ヨーグルトの液状では、黒ずんだ汚れを落としてくれるものがあるそうです。化粧水としても使えるので、美容効果が高められているので良いと思いました。実際にためしてみると、低脂肪0よりはしっかりとしたヨーグルトならば、黒ずんでしまった乳首を綺麗にしてくれることがわかりました。驚きの瞬間とともに、嬉しさがたまりませんでした。