気になる乳首の黒ずみの原因は?

黒ずみ

 

普段めったに他の人に見せることのない乳首。だけど何だか黒ずんでいて嫌だ、自信が持てない、なんて方はいませんか?実は多くの女性が乳首の黒ずみに関して同じような悩みを抱えています。ではなぜ黒ずんでしまうのでしょうか?今回はその原因について紹介します。

 

【1.紫外線】

 

黒ずみの原因はシミなどの原因でもある『メラニン』という物質によって起こります。「でも乳首は服を着ていて日に当たらないから関係ないのでは?」と思う方も多いはず。しかし、服を着ていても紫外線の影響を少しは受けてしまうのです。また、目から入った紫外線により細胞がダメージを受けて、その情報が脳に伝わると、肌を守るために脳がメラニン色素を作るよう指示を出すので、目からも日焼けしてしまうのです。

 

【2.摩擦】

 

メラニンは紫外線だけでなく刺激からも肌を守る働きがあります。そのため、衣類が乳首と摩擦を起こすと、その摩擦から皮膚を守ろうとするためにメラニン色素を過剰に生産してしまうことがあります。基本的にメラニン色素による黒ずみは、肌のターンオーバーによって薄くなっていきます。しかし、このメラニン色素が過剰に作られると表皮に蓄積されてしまい、色素沈着となってしまうのです。

 

【3.妊娠・授乳】

 

妊娠中にだんだんと乳首や乳輪が黒ずんで茶色っぽい色に変化していくのは『エストロゲン』と『プロゲステロン』という2つの女性ホルモンの影響で、妊娠20週くらいから急激に分泌が増加します。この2つのホルモンの分泌が増加すると肌のメラニン色素が増え、色素沈着が起こりやすくなります。また産後の授乳に備え、赤ちゃんの吸いつく吸引力に負けないよう肌を守るためでもあります。

 

いかがでしたか。メラニンは肌を守るためになくてはならない物質です。なので、サングラスを掛ける、肌に優しい衣類を選ぶなどしてメラニンが過剰に分泌されないよう心掛けていきましょう。

 

乳首の黒ずみの原因として、悩まれている女性が大半いるそうです。私もそうなのですが、昔、夫に「乳首の黒ずんでいるんだけど、どうしたの?」と心配させてしまったことが後悔でなりませんでした。どうして、乳首の黒ずみができてしまったのか、教えいたしましょう。乳首で黒ずんでしまうのは、紫外線や外側からの刺激から皮膚を守っていくように、メラニンという色素を引き起こしてしまうからです。デリケートなところは余計に黒ずみになってしまうそうです。メラニンを引き起こすとしては、加齢や妊娠・出産によってのホルモンバランスでの影響があったりするそうです。私としても、妊娠によってのホルモンバランスへの変化が変わってきたりするもので、ピンク色だった乳首がいつの間にか、黒色になっていたので、ショックが大きかったです。産婦人科の先生に乳首の黒ずみはこうなってしまったのですかと相談してみると、加齢ではなく、妊娠中はどうしても、ホルモンバランスが乱れがちな時があるので、妊娠1ヶ月の私としての乳房がハリが出てきてしまったので、乳首が敏感したことによっての影響と考えられるそうです。そんなことがあるのだと初めて知りました。次第によっては、ホルモンバランスの乱れがおさまっていけば、黒ずみがなくなって、元の状態のピンク色の乳首に戻れるだろうとお話がありました。確かに、出産したあとは、ピンク色の乳首に戻ったので良かったです。心配することはありませんでした。