黒乳首からピンク色の乳首に戻すために

黒ずみ

 

私は胸のブラをキツく付けてしまう時がありました。なので、ピンク色の状態だった乳首が擦れてしまい、傷がついてしまったことが原因で乳首が黒ずんでしまいました。

 

しまったなと思っていたのですが、誰にも見られることはないと考えて、そのままの状態にしてしまいました。

 

ですが、彼氏ができて、性行為をする際に、黒ずんでしまった乳首を見られました。そうすると、彼から「黒ずんでいる乳首を見たのは初めてなんだけど、汚くてみてられない。」とひどく言われてしまい、ショックを受けてしまいました。

 

不潔感と見られてしまうこの黒乳首を元の状態だったピンク色の乳首を戻していきたいと決心しました。楽天の通販のランキングでバストケアクリームジェルの部門で一位だったホワイトラクジュアリープレミアムのクリームが挙げられていたので、試しに買ってみることにしました。

 

クリームだから、なめらかな感じなのかなと思っていたのですが、塗ってみると、サラッとした感じで違和感がありませんでした。

 

それからというものの、一週間ぐらい試しに塗ってみると、ホワイトラクジュアリープレミアムの効果が見られてきたのですが、最初は黒ずんでしまった乳首だったのですが、次第に綺麗にピンク色の状態になっていたので嬉しく感じました。

 

彼氏からは綺麗な乳首になって、不満がなくなっていったので、ピンク色の乳首に戻せてよかったと思いました。これからは彼に同等と見られるので大丈夫だなと感じました。

 

 

乳首に使うクリームを選ぶにはコチラのサイトが参考になりました→【乳首の黒ずみクリーム口コミランキング!】乳首をピンクにする方法

 

黒ずみに悩む方は、実は結構多い!?

 

黒ずみに悩む方は、実は結構多いことをしっていますか?乳首が黒ずむのは、紫外線や外的刺激から真皮を守るために体内で生成されるメラニンが色素沈着を起こします。それが原因と言われています。デリケートな部分ほど黒ずみやすくなることがわかってきました。

 

メラニンが生成される具体的な要因には、「加齢」「ホルモンバランス」などがあげられます。加齢が進行してしまうと、お肌の新陳代謝が遅くなってしまいます。すると、古い角質細胞と一緒にメラニン色素が残ってしまう可能性あります。加齢は必ず来るものですので若いうちにお手入れをしっかりしましょう。

 

ホルモンバランスの変化というのは、エストロゲンとプロゲステロンという2つの女性ホルモンです。これらが原因で起こってしまう可能性もあります。

 

この2つのホルモンはメラニン色素の色素細胞を刺激してしまいます。肌のメラニン色素が増殖し、色素沈着が起きてしまうのです。

 

確実な黒ずみの除去は、皮膚科や美容外科などのクリニックがおすすめです。塗り薬を処方してもらったり、レーザー治療を受けたりすることができます。

 

より高い効果が期待できます。レーザーによる治療はとても効果があるが、レーザーによる治療はとても効果があるあるので、信頼できる所を受診しましょう。病院には行きたくない方は黒ずみのセルフケアをご自身でしましょう。

 

美白成分を配合した乳液やクリームを使いましょう。高い効果を望む方は、黒ずみ専用のクリームやジェルを選ぶようにしましょう。

 

悩みを改善して新たな一歩を踏み出しましょう。

 

乳首の黒ずみにコラーゲンが効くかも!?

 

黒ずみってつくづく嫌な響きですね。女性にとって身体のどこかしらが黒ずんでくすんでいるのは悲しいことです。なかでも、乳首の黒ずみとなると恥ずかしさもあって人知れず悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

 

乳首が黒ずむ原因は、ブラジャーなどで強く締め付けられた中で擦れることや、ホルモンバランスの乱れの影響などが考えられます。半粘膜である乳首は色素沈着が現れやすい部位でもあります。

 

改善には下着での締め付けをやめたり、美白効果のあるクリームでケアするなどがありますが、口から摂取するもので試してみてほしいものがあるのです。

 

コラーゲンです。コラーゲンは肌の弾力を保つのに欠かせない、美容関係では超有名な成分ですよね。粉状になったものを飲み物に混ぜたりして摂取することはすでにお馴染みだと思います。筆者も美肌のためにとコラーゲン摂取に励んでいたのですが、ある日、意外な変化に気づいたのです。

 

「あれ?瞳の色が薄くなった??」他にも唇が一皮剥けたように薄いピンクになったり…。これはコラーゲンがもたらした変化なんです。調べてみると、美白効果をうたった化粧品にはヒアルロン酸コラーゲンが配合されているではありませんか!

 

美白に関して効果があるとは知らずにコラーゲンを摂取していたわけですが、瞳や乳首と同じ半粘膜である唇の色素が間違いなく薄くなったのです。
乳首の黒ずみの改善、予防に内面からアプローチするならコラーゲンをぜひ。

 

美白クリームで乳首の黒ずみを改善

乳首の黒ずみに悩む方は結構多いのです。

 

昔から気になっていた方から妊娠、出産で黒ずみ元に戻らなかった方まで

 

様々です。

 

今回はそんな黒ずみ乳首のケア方法について学んでいきましょう。

 

黒ずみを改善するのに有効なのは美白クリームを塗ることです。

 

最近では乳首専用のクリームも出ています。

 

主な美白成分にはビタミンC誘導体やハイドロキノン、トレチノイン酸などがあります。

 

しかし、市販されているものは濃度が低く効果が現れにくいという欠点もあります。

 

そんな場合は皮膚科に相談しましょう。

 

ハイドロキノンやトレチノイン酸が配合されているものがあります。

 

同じ成分でも市販品と異なるのは配合量です。

 

皮膚科で処方されるものは高濃度なのでより効果が期待されます。

 

一番効果があると言われているのは美容外科でのレーザートーニングです。

 

治療時間は5分程で済みますが、何回か通わないといけないこと、費用が

 

1回2万円程することなどデメリットもあります。

 

またレーザー治療ではレーザーの中心と外周部の出力にムラがあるため、

 

まだらになってしまう可能性も出てきます。

 

美容外科を利用する際は信頼できるクリニックを選ぶようにしましょう。

 

また化粧品は使いたくないという方にはヨーグルトパックがお勧めです。

 

ヨーグルトに蜂蜜と小麦粉を混ぜ5分ほどパックするだけです。

 

このように乳首をきれいにする方法は沢山ありますが、

 

まずは美白クリームを使用することをお勧めします。

 

レーザーより安価でヨーグルトより効果があります。

 

いろいろ試してみて綺麗な乳首を目指しましょう。